新型コロナウィルス感染症に関する休業時の賃金の支払い注意を教えてください。

2020年3月25日に労働傷病兵社会福祉省が新型コロナウィルス感染症(以下コロナ感染症)に関する休業時の賃金の支払い及び関連手続きに関する第1064/LDTBXH-QHLDTL号を発行した。

本オフィシャルレターに基づき、会社がコロナ感染症から直接的に及び間接的に影響を受けたケースが規定される。

2012年度労働法と合わせて、解釈される。

  • 会社がコロナ感染症から直接影響を受け、会社全体、或いは一部が休業するケース

対象者:

  • 国家管轄機関の要請により、コロナ感染症で会社に戻れない外国人労働者
  • 国家管轄機関の要請で隔離され、勤務できない労働者
  • 雇用主又は他の労働者は隔離中または仕事に戻れないために企業全体、又は一部が稼働できないため、勤務できない労働者

上記の対象に該当する労働者は労働法第98条3項に該当する。休業時の賃金は労働者及び雇用主の合意に基づくが、政府が定める地域の最低賃金を下回ってはならない。

  • 会社がコロナ感染症から間接的に影響を受け、全体或いは一部で休業するケース

コロナ感染症から間接的に影響を受けた会社とは、原材料が調達できない会社、あるいは顧客が減少した会社である。

上記の会社に該当する場合、下記を選択することになる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です